広瀬すず「いのちの停車場」撮影中の集団検査にてコロナ感染判明!

コロナ

こんにちは、だれもんジャーです。

芸能界にも感染が広がる新型コロナウイルス。

6日、俳優の広瀬すずさん(22)が新型コロナウイルスに感染したことを所属事務所のフォスターが発表しました。
撮影中の集団検査で感染が判明したとのこと。姉のアリスさんもフォスターに所属しています。

さて、一体、何の撮影中だったの?
「いのちの停車場」の撮影中の定期的な集団検査の結果、判明したようです。

まだ、情報はありませんが、姉のアリスさん、同じ撮影の方々の感染が心配です。

スポンサーリンク

撮影

9月4日に東映東京撮影所でクランクインした「いのちの停車場」
<出演キャスト>
・吉永 小百合(主演)
・松坂 桃李
・西田 敏行
・広瀬 すず
・田中 泯

広瀬すずさんは、ここ2~3日メインキャストと関わるシーンはなかったという。
感染防止対策もしっかり行っていたそうだ。

近々、石川県などのロケも予定されていた。
7日以降の撮影については協議中。

クランクイン前に前スタッフ、キャストがPCR検査を受け撮影の臨んでいた。
最短30分で結果が分かる「リアルタイムPCR検査」で実施されていた。
撮影現場会見の際も、徹底した感染防止対策を行っていたという。

スポンサーリンク

同じ事務所のアリスさん

すずさんと、同じ所属事務所フォスターの姉のアリスさん
家族で同居している。
が、アリスさんも新しい作品に入っているため、最近はコロナの臨時措置として別々に暮らしていたという。
できるだけお互いの接触は控えていたようだ。
なお、すずさんは保健所の指示のもと、臨時で生活している場所で待機しているそうだ。

すずさん本人は、症状もなく、いたって元気だったので、びっくりしているという。

まとめ

これだけ、徹底した感染防止対策を行っていても感染リスクはつきまとう。
芸能界でも徐々に感染を広げているコロナウイルス。

別々に暮らしていたちしても姉のアリスさんも、そして、フォスターに所属していらっしゃるタレントさんも、「いのちの停車場」の出演キャストや関係者の方々も、感染が心配されます。

まるで、バイオハザードのような・・・
まさか、こんな時代が来るなんて思ってもみませんでした。

インフルエンザとの同時流行が懸念される中、ニューノーマルな生活に、まだ馴染めていないのは私だけでしょうか?
新型コロナウイルスの特効薬の開発、一日も一刻も早い感染の終息・収束を願うばかりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました