トランプ大統領5日に早くも退院か?大統領選挙への影響・支持率は

コロナ

こんにちは、だれもんジャーです。

トランプ大統領は2日未明、(日本時間午後2時)Twitterで自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスの陽性と判定されたことを明かした。
直ちに、隔離と回復のためのプロセスを開始する・・・と。

トランプ大統領の健康状態を巡り、色々な情報が飛び交っていた。
事実はどれなんだろう?
酸素吸入を施したのか、そうでないのかも明らかではない。

主治医が、体調については、
「大統領はとても体調が良い」
だが、入院前の酸素吸入について問われると、
「今は、行っていない」と。
ニューヨーク・タイムズは、入院前の2日ホワイトハウスで酸素吸入を受けたと報じている。
一体、どちらなのだろう・・・

入院前の動画を見ると、トランプ大統領の目が充血しているようにも見える。
咳も出ているという。

そして、今現在での、大統領選、支持率への影響は?

スポンサーリンク

容態は?

 

ホワイトハウスの高官は、2日時点では、血中酸素濃度が急激に低下していた。
一時、深刻な状況にあった
その後、信じられないくらい良くなっているが、まだ、余談を許さない状況が続いていると。

先程、入院中のトランプ大統領の専属医が4日に記者会見し、早ければ現地時間の5日にも退院できる見通し明らかにしたという情報が入った。

・入院前の2日に高熱を出し、2回にわたり血中酸素濃度が低下したという。
・現在は健康状態に関する数値は安定。
・レムデシビルの2回の投与を受け、肝臓、腎臓の機能にも異常はないという。

迫る11月の大統領選挙への悪影響を払拭したいのだろうが、これほどあやふやな矛盾した情報が飛び交うと、それこそ国民の信頼を失いかねないのではないだろうか。

スポンサーリンク

大統領選への影響と支持率

4日公表のロイター通信などの世論調査で、トランプ大統領について
「新型コロナをもっと深刻に受け止めていたら恐らく感染しなかっただろう」
の回答が65%に達した。
確かに、そうであろう・・・
ほとんどマスクえお着用しなかったり、「風邪のようなものだ」や、「消えてなくなる」などの新型コロナをを軽視した発言。

更に、国民に真実を語っているとみる回答は34%
トランプ大統領の言動にたいする不信感が高まっているようだ。

11月の大統領選挙では
バイデン氏に投票する~51%
トランプ氏に投票する~41%
となっている。

まとめ

世論調査では、やや劣勢なトランプ大統領だが、このまま向かい風となるか、追い風とするかは今後のトランプ大統領の言動にかかっているのかもしれない。

このままでいくと、国民の信頼を取り戻すのは難しいと思われるが・・・

勝負は最後までわからない。
私的には、トランプ大統領は持っている人と見える。
ただ、今回ばかりは黒人差別デモや事件に関して容認するなど、国民としても、私一個人としても納得のいかない、理解し難い言動がある。

いずれにせよ、アメリカ国民がどう審判を下すか、11月は注目の大統領選挙である。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました