元ラグビー日本代表・ユハさん死去 24歳で結婚し妻子いるも

タイムリーな情報

こんにちは、だれもんジャーです。

元ラグビー日本代表、湯原祐希さん(36)が、29日に死去されました。
湯原祐希さんは愛称、ユハさんで親しまれていました。
29日の朝に京都府中内のクラブハウスで自主トレーニング中に倒れ、意識不明。
AEDで救急措置。
救急搬送されたが、搬送先の病院で息を引き取った。

持病はなく、28日も普段通りに練習していた。
死因については、発表されていない。

若いです。あまりに痛ましい・・・

スポンサーリンク

湯原祐希さん

 


・6歳からラグビーを始める
・2006年 東芝ブレイブルーパスに加入
・2011年 ラグビーワールドカップ2011の日本代表に選ばれる
1試合出場
・2015年 ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる
・2017年 トップリーグ100試合出場を達成
・2019年 東芝ブレイブルーパスのアシスタントコーチに就任

スポンサーリンク

死因

東芝からは、まだ発表はされていません。
持病はなく、28日も普段通りに練習していたと報道されていますが。
もしかしたら、何らかの病気があった可能性もあります。

スポーツ選手における突然死の基礎疾患は、半数以上が心血管系の疾患
特に若年者の突然死のげに原因として肥大型心筋症の頻度が高い
次いで、冠動脈疾患が多い。

東芝からの発表がないので、何とも言えませんが、近年、スポーツ選手の突然死が多い傾向にあります。

家族・仲間

湯原祐希さん、24歳で若くして結婚されています。
子供さんもいらっしゃるようです。

支えになっているというコメントが東芝の公式ホームページに掲載されています。
残していかれるのは、さぞかし無念と思われます。

ヘッドコーチと共同主将からの、ユハさんへのメッセージです。

やはり、心が痛みます。
皆さんに慕われていたことが、よくわかります。

まとめ

やはり、激しいスポーツは常に危険と隣合わせです。
ご本人も、ご家族の方も常に万全な状態を保てるようにサポート、そして、注意なさってたことと思います。
突然死だけに、やり場のない無念さ、悔しさ、悲しさだと思います。

私も子供が二人います。
子供さんと奥様を残していかれる湯原祐希さんの気持ち・・・
さぞかし無念でしょう。

スポーツの世界の突然死、もっと未然に防ぐ方法はないのでしょうか?

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました