菅新内閣発足・注目の河野氏のポストは?気になる閣僚名簿を公開

タイムリーな情報

こんにちは、だれもんジャーです。

本日、9月16日(水)の臨時国会にて、首相指名選挙を経て、菅新内閣が発足しました。
昨日、官房長官に、加藤勝信氏 が内定。
その他、内閣人事のポストも固まる中、色々な予想が飛び交っていました。
どうしても気になる、河野太郎氏のポストは?
皆さんが、今、知りたい情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

閣僚名簿

内閣総理大臣      菅 義偉(71)
副総理 兼 財務大臣  麻生 太郎(79)
総務大臣        武田 良太(52)
法務大臣        上川 陽子(67)
外務大臣        茂木 敏充(64)
文部科学大臣      萩生田 光一(57)
厚生労働大臣      田村 憲久(55)
農林水産大臣      野上 浩太郎(53)
経済産業大臣      梶山 弘志()
国土交通大臣      赤羽 一嘉(62)
環境大臣        小泉 進次郎(39)
防衛大臣        岸 信夫(61)
官房長官        加藤 勝信(64)
復興大臣        平沢 勝栄(75)
特命大臣(国家公安)  小此木 八郎(55)
特命大臣(デジタル)    平井 卓也(62)
特命大臣(行革)    河野 太郎(57)
特命大臣(経済再生)  西村 康稔(57)
特命大臣(五輪)    橋本 聖子(55)
特命大臣(万博)    井上 信治(50)
特命大臣(一億)    坂本 哲志(69)
  新入閣・・・5人
スポンサーリンク

菅内閣 組閣の意向

まず、記者会見で、改革意欲・国民のために働く内閣を重要視し、思いきって、政策の方向性が合う人を登用するという発言があった。
官房長官に、加藤勝信氏(64)をあてたのは、官房副長官の経験があり、安定感、総合力があるからということらしい。
防衛大臣に、元阿部首相の実弟である、岸信夫氏(61)をあてたのは、阿部政権の継承をアピールする狙いもあると思われる。
後、地方の活性化も菅首相が強調している取り組みの一つである。
7つの派閥、全てからの起用。派閥のバランスも取りつつの、適材適所であるという意見が多い。
正式発表、総裁の段階で閣僚の顔ぶれが出揃うのは、珍しいことのようだ。

まとめ

以上が、私なりに、新内閣についてまとめた情報です。
政治に関してド素人な私ですが、今回の菅新内閣の人事は興味がありました。
皆さんの、今、知りたい!の気持ちに答えられたら幸いです。

なぜ、河野太郎氏が、特命大臣(行革)にあてたのだろうか。
初め、総務大臣にスライドがほぼ内定・・・という情報が流れた。
少しすると、特命大臣(行革)に意向を固めたという情報が。

菅内閣としては、知名度・突破力があるので、重要視する規制改革をおし進めるのに適任ということらしい。

何にせよ、私が言うのもおこがましいのですが、閣僚全員が有望、且つ、逸材であることには間違いありません。
これからの、新内閣に期待したいです。
そして、元阿部首相、本当にお疲れ様でした。7年8ヶ月、ありがとうございました。

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました