揚げもち入りポトフでホッと一息・夜食や小腹がすいた時にも満足な一品

汁物orスープ

こんにちは、40代後半・主婦のみかですっ!

まだ、暑いですね。ここに台風9号が接近とは・・・
ここに湿度がプラスされるとキツイです。
夜、少し暑さがやわらぐと、急に小腹がすいてきたりしませんか?
私や家族はよく、そいうことがあります。
やっぱり、夜なので食べやすく、お野菜中心のメニューが良いですよね。
しかも、小腹がすいた時にも満足できる物とは・・・

そこで、今回は、いつものポトフに揚げもちを加えたレシピを紹介します。
おもちが、小腹を満足させてくれ、お野菜もたっぷり食べられる。
スープなので、夏の疲れで食欲がない時でも美味しくいただけます。
家族から好評でした。「おもち、美味しい!揚げてるから更に美味しい。いいねっ!」の言葉を引き出すことができました。自分で食べてみても、おもちがイイ感じ、うまっ!

揚げもち入りでコクもあり、優しいコンソメ風味なので、ホッと一息・・・
体にスーッと入り、でも、食べごたえありの一品です。
夏疲れしている時の夜食や、小腹がすいた時にピッタリのレシピです。
ぜひ、試してみて下さい。

スポンサーリンク

材料(3~4人前)

  1. 水・・・1100ml
  2. キャベツ・・・210g
  3. 玉ねぎ・・・160g
  4. 人参・・・80g
  5. ブロッコリー・・・90g

    ブロッコリーは冷凍の物を、ウインナーは皮ありのタイプを使用しました。

  6. ウインナー・・・150g
  7. もち・・・170g
  8. コンソメ・・・3個(15.9g)
    (キューブ)
  9. シャンタン・・・小さじ2(5g)

    コンソメは味の素さんの「洋風スープの素コンソメ」のキューブをシャンタンは創味食品さんのを使用しました。

  10. 塩・・・少々
  11. 味の素・・・少々
  12. ごま油・・・少々
  13. たかのツメ・・・少々
スポンサーリンク

作り方

材料の切り方

① 材料2のキャベツは、ザク切りにしておきます。
② 材料3の玉ねぎは、くし切りにします。
③ 材料4の人参は、乱切りにしておきます。私は型抜きをして、余りの人参を乱切りにしました。
④ 材料7のもちは、1.5cm~2cm角くらいに切っておきます。

調理

⑤ 材料1の水を、鍋で沸かし①、②、③のキャベツ、玉ねぎ、人参と材料6のウインナーを鍋に入れ煮ます。
⑥ ④のもちを油で少しキツネ色がつく程度に揚げて、別皿に取り分けておきます。

沢山の数を一気に揚げようとすると、もち同士がくっついてしまうので、2回に分けてでも、少量ずつ、もちの間隔を離して揚げると良いです。
⑦ 次に、⑤の鍋に、材料5のブロッコリーを入れます。
⑧ ⑦の鍋に、材料8,9,13のコンソメ、シャンタン、たかのツメを入れます。
⑨ ⑧の鍋に、材料10,11,の塩、味の素を入れ、味を整え、材料12のごま油を垂らします。
⑩ 最後に、⑨の鍋に、⑥のもちを入れ、器に盛りつけたら出来上がりです!
最大のポイントは、揚げもちを加えるということです。優しい味なのにコクもあり、食べごたえ感も美味しさもアップします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

たかが、おもちくらいで?いいえっ、されど、おもちです!
優しい味のコンソメスープとおもちが絶妙に合います。
ウインナーもさる事ながら、おもちがあるのとないのでは、コクも全然ちがいます。
ごま油でコクと風味をプラスしていますが、それとはまた別の揚げているおもちが故のコクと美味しさが出ます。

優しい味ながら、コンソメだけでなく、シャンタンや味の素も入れて味の輪郭をハッキリさせています。そこに更に、たかのツメを入れて、少しピリ辛のアクセントもつけますので、どんより感はなく飽きのこない味に仕上がります。

もちの揚げ方ですが、沢山、一気に揚げて失敗してしまう方もいらっしゃるかもしれません。
私も以前、くっついて失敗してしまったことが多々あります。
さい箸に油をつけて、離しながら揚げると良い・・・と聞き試してみましたが、なかなか上手くいきませんでした。
私の経験上、やはり、数回に分けてでも、少量ずつ、もちの間隔を離して揚げるという方法が一番良いです。

小腹すいた時、夜食に、軽食にプラスして・・・など、うってつけの一品です。
「一味ちがう揚げもち入りポトフ」で、お野菜も沢山食べて、この夏の疲れを少しでも癒し、元気に過ごしていただきたいです。ぜひ一度、試してみて下さい。

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました