ししとうで酢豚!ケチャップなしで具がたっぷり、あっさり夏レシピ

メインメニュー

こんにちは、40代後半・主婦のみかですっ!

後もう少しで、暑さもやわらぐらしいですが、さすがに暑くて長い夏に参りそうです。
皆さんも少々、夏の疲れが溜まっている頃と思います。
夏バテを解消せねば・・・と、思いつくのが酢です。
そして、酢豚というメニューですよね。

実は、私はケチャップ、パイナップル入りの酢豚は苦手で、だからといって酢の物全般が好きではないというのではなく、タコ酢やもずく酢などは大好きです。
私のように、ケチャップ、パイナップル入りの酢豚は苦手だという方も、いくらかは、いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、夏向けにあっさり味のケチャップ、パイナップルなし酢豚のレシピを紹介します。
ピーマンより甘味があるししとうを使用しました。
しいたけ、たけのこ、人参などの具材もバランス良くたっぷり入れたので栄養満点で、何といってもお酢料理なので疲労回復が期待できます。
夏向けにあっさり味の酢豚で、夏の疲れを少しでも解消していただければ嬉しいです。
ぜひ一度、試してみて下さい。

スポンサーリンク

材料(3人前)

  1. ロース切り身豚肉・・・400g(4枚)
  2. ししとう・・・75g
  3. たけのこ(水煮)・・・200g
  4. 人参・・・150g
  5. しいたけ・・・110g
  6. 玉ねぎ・・・260g
  7. 水・・・150ml
  8. 酢・・・200ml
  9. 醤油・・・25ml

    お醤油はキッコーマンさんのしぼりたて生しょうゆを使用しました。

  10. みりん・・・20ml
  11. 上白糖・・・大さじ7(63g)
  12. 片栗粉・・・大さじ1(9g)
  13. たかのツメ・・・少々
スポンサーリンク

作り方

材料の切り方

① 材料1のロース切り身豚肉は、1枚を6~8等分に切っておきます。
② 材料2のししとうは、縦に半分に切り、ヘタと種をとり除きます。
③ 材料3のたけのこ(水煮)は乱切りにします。
④ 材料4の人参も乱切りにします。
⑤ 材料5のしいたけは、汚れを拭き取ったら、石づきも取ります。
⑥ 材料6の玉ねぎは、くし切りにしておきます。

調理

⑦ ④の人参をラップに包み、柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。
⑧ ①のロース切り身豚肉と、⑤のしいたけに片栗粉をまぶし、油で揚げて、別皿に取り分けておきます。

ロース切り身豚肉としいたけも油で揚げて外はカリッとさせるところがポイントです。

⑨ 熱したフライパンに油をひき、②、③、⑥、⑦のししとう、たけのこ、玉ねぎ、電子レンジで加熱した人参、材料13のたかのツメを入れ炒めます。
⑩ 材料7,8,9,10、11の水、酢、醤油、みりん、上白糖、を⑨のフライパンに入れて混ぜます。

最大のポイントは、水、酢、醤油、みりん、上白糖をこの分量入れるところです。

⑪ 材料12の片栗粉を水(適当な量の)で溶き、⑩のフライパンを弱火にして流し込み、手早く混ぜます。
⑫ ⑪のフライパンに、⑧のロース切り身豚肉としいたけを入れ味を絡め、お皿に盛り付けて、出来上がりです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ケチャップが入らなくても、しっかりした甘味と酸味が感じられる一品です。
ケチャップの甘味とは違った上白糖とみりんの甘味なので、ケチャップ入り酢豚が苦手な方でも美味しく召し上がっていただけるはずです。
ししとうは甘味があるので、ピーマンの苦味が苦手な方も抵抗なく食べられると思います。

ケチャップが入らない酢豚の味付けに重要なのは、やはり調味料の分量です。
ポイントは、水、酢、醤油、みりん、上白糖をこの分量入れるというところです。
この分量だと、ケチャップの甘味に頼らずとも、しっかりした甘味と酸味が感じられ夏にピッタリな味に仕上がります。

ロース切り身豚肉だけでなく、しいたけも片栗粉をまぶして揚げているので、これまた美味しいです。その他、たけのこや、人参も入りバランスの良い具だくさんメニューです。
ロース切り身豚肉も、その他の具も全てが主役の酢豚!
ぜひ一度、試してみて下さい。

この夏の疲れを、皆さんにも、お酢料理の栄養満点パーフェクトバランスの、しっかり、あっさり味の酢豚で少しでも解消して欲しいです。

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました