少しニンニク風味の一味ちがう豚肉のしょうが焼きで、この夏・パワーアップ!

メインメニュー

こんにちは、40代後半・主婦のみかです!

今日も暑かったです。いつまで続く、この暑さ・・・
何か、美味しい物が食べたい。ガツンと食べたい。
75歳の母も喜ぶメニュー、しょうが好きな母で思いついたのは[豚肉のしょうが焼き]だっ!
お肉よりお魚が好きな母でも、中学生の息子も、私も大好きな[豚肉のしょうが焼き]。
これで決まりでしょ・・・皆さんも、そろそろ「あっ、いいね!近々このメニューにしよう」と思われたのではないでしょうか?

今回は、オールシーズン美味しく食べられる[少しニンニク風味の一味ちがう豚肉のしょうが焼き]のレシピを紹介します。
やっぱり、たまには夏にも美味しい、しっかりお肉料理が食べたくなりますよね。
私は、薄切りの玉ねぎだけでなく、すりおろした玉ねぎも入れます。そうすることによって、辛味だけでなく、玉ねぎ本来の甘さも加わり、上白糖やみりんとは違う甘味が感じられる味に仕上がります。結構、しょうがもたっぷり入れますが、玉ねぎの甘味がまろやかな味にしてくれます。

酷暑の今、皆さんもご家族で、一味ちがう豚肉のしょうが焼きを食べて、心身共にパワーアップしていただけたら嬉しいです。ぜひ、試してみて下さい。

スポンサーリンク

材料(3人前)

  1. しょうが焼き用の豚肉・・・390g
  2. しょうが・・・54g
  3. 玉ねぎ・・・100g(すりおろし用)
  4. 玉ねぎ・・・125g(薄切り用)
  5. 醤油・・・60ml
  6. みりん・・・50ml
  7. 上白糖・・・大さじ1(9g)
  8. おろしニンニク・・・少々

    おろしニンニクは、チューブのS&Bさんの[おろし生にんにく]を使用しました。

  9. 味の素・・・少々
スポンサーリンク

作り方

材料の切り方

① 材料2の、しょうがをすりおろしておきます。
② 材料3の、玉ねぎ(100g)もすりおろしておきます。
③ 材料4の、玉ねぎ(125g)は薄切りにしておきます。

調理

④ 熱したフライパンに油をひき、③の薄切りにしておいた方の玉ねぎと、材料1の、しょうが焼き用の豚肉を焼き、炒めます。豚肉は少し焦げ目がつくくらいが美味しくできると思います。
⑤ 次に、①のしょうが、②のすりおろした玉ねぎ、材料5,6,7,8、の醤油、みりん、上白糖、おろしニンニクを④のフライパンに入れ、タレを絡めます。
⑥ ⑤のフライパンに材料9の、味の素を入れて味を整えます。
⑦ お皿に、千切りしたキャベツなど添え、⑥を盛り付けたら、出来上がりです!

今回のポイントは、やはり、すりおろした玉ねぎと薄切りした玉ねぎ、ダブル玉ねぎを入れたことです!しょうがとおろしニンニクの辛さをまろやかに包みこみます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

調味料の量もポイントです。
醤油もみりんも上白糖もこんなに入れるの?と思われるかもしれませんが、この分量が一番、美味しく仕上がると思います。
しょうがもたっぷり入りますが、これくらいじゃないと[豚肉のしょうが焼き]にはならないと思います。そこで、しょうがの辛味をまろやかにしてくれるダブル玉ねぎかきいてきます。
しっかり、しょうがの辛味もありながら、まろやかさもある自信あるレシピです。

チューブのおろしニンニクも良い風味を出してくれます。
しょうがは、チューブじゃダメなの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しょうがに関しては、断然、本物のしょうがの方が風味が上です
一度、チューブのしょうがを試したことがありますが、やはり、しょうがであって、しょうがでないような感じです。期待通りの味ではありませんでした。
例えば、冷奴でも、あえ物でも、薬味としてでも、やっぱり本物のしょうがの方が美味しいです。
我が家では、少し面倒でも本物のしょうがをすりおろしたり、刻んだり、千切りにしたりして使います。あくまで、私の意見ですが・・・

夏にも美味しく食べられる、食べたくなる[豚肉のしょうが焼き]を、一味ちがうレシピで、ぜひ一度、試してみて下さい!
酷暑を、元気に心身共にパワーアップして過ごしていただけたら嬉しいです。
暑いとイライラもしてしまいます。美味しい物を食べて、心にも栄養も与えて下さい。
きっと、笑顔が増えるはず!

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました