濃い味が夏に合う、やみつきナポリタン!一味ちがう新しい味、でも、どこか懐かしい・・・

メインメニュー

こんにちは、40代後半・主婦のみかですっ!

昨日は、東京の最高気温37度くらいでしたね。溶けてしまいそうな暑さでした。
車のボンネットで、目玉焼きが焼けたかもしれませんね。
昨日よりはマシな暑さとは言え、今日も負けじと暑いです。
湿度も高くジトジトしていて、何よりも雷が怖かったです。しかも、度々、停電・・・

こんな暑さでも、たまには、キッチリした濃い味のものが食べたくなります。
サッパリしたものばかりでは、物足りなくなりますよね?
そこで今回は、濃い味のやみつきナポリタンのレシピを紹介します。

やはりこれも、味には自信があります!
多分、皆さんあまり使われない調味料(市販のスパイス)を使用します。
それと、ケチャップの分量がポイントです。
ケチャップが、よ~く絡んで新しい味の中に、どこか懐かしさを感じる・・・という味に仕上がります。一味ちがうナポリタン、ぜひぜひ一度、試してみたください。やみつきになりますよ!

スポンサーリンク

材料(大盛り 1人前)

  1. パスタ・・・130g
  2. ベーコン・・・55g
  3. 玉ねぎ・・・60g
  4. 小松菜・・・40g
  5. ケチャップ・・・大さじ6(90g)

    シャンタンは創味食品さんの粉末タイプのものを、ガーリックパウダーはS&B食品さんの「キッチンガーリック」を使用しました。

  6. シャンタン・・・小さじ1
  7. ガーリックパウダー・・・大さじ1
  8. オリーブオイル・・・少々
スポンサーリンク

作り方

材料の切り方

特に決まりはないので、お好みの長さ・形に切ってもらって構いません。
ここでは、私がどのように切ったかを書きます。

① 材料2の、ベーコンを短冊切りにしておきます。
② 材料3の、玉ねぎをうす切りにしておきます。
③ 材料4の、小松菜を洗って長さ5cmくらいに切っておきます。

調理

④ 鍋にお湯を沸かし、材料1のパスタを少々の塩を入れて茹でます。硬さはお好みのでよいです。私はアルデンテより柔らかく、でも、少し硬めで茹で上げるのが好きです。
⑤ その間に、材料2,3,4,のベーコン、玉ねぎ、小松菜を、熱したフライパンに油をひき炒めます。ベーコンのカリカリ具合もお好みで良いです。

実はピーマンの値段が高かったので、小松菜を使用しました。ピーマンの方が好きな方は勿論、それでオッケーです。残っている、もしくは、ちょうどあるお野菜で良いと思います。
⑥ ④で茹で上がったパスタを湯切りして、材料8の、オリーブオイルをまぶします。
⑦ ⑤の具材の入ったフライパンに、⑥のパスタを入れます。
⑧ 次に、フライパンに材料5の、ケチャップを入れ、炒めながら混ぜます。ケチャップのこの分量、躊躇せずに思い切って入れて下さい。
⑨ 材料6,7のシャンタンとガーリックパウダーを入れて炒め混ぜて下さい。これもまた、ガーリックパウダーをためらわず、この分量を入れてパスタに絡めて下さい。
このナポリタンの最大のポイントは、ケチャップの分量と、S&Bさんの「キッチンガーリック」を使用し、やはりこの分量を入れるというところです!
⑩ ⑨をお皿に盛って、はいっ、出来上がりですっ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

このナポリタンの最大のポイント、S&Bさんのキッチンガーリック・・・
愛用されている方は少ないのではないでしょうか?
私の中では、知る人ぞ知る魔法の調味料の一つです。
色々なガーリックパウダーが売られていますが、そして試しましたが、これは最高のガーリックパウダーだと私は思います。
ガーリックの風味と辛味だけが欲しい場合は、別のガーリックパウダーでも十分だとは思います。
が、S&Bさんのキッチンガーリックは、旨味もすごくあります。
なので、味が、一味というより、激変します!
S&Bさんのキッチンガーリックでないと、この味は出せません。
緑のキャップのものですので、間違えないよう注意です。

次に、ケチャップの分量です。多いように感じるかもしれませんが、この分量が、パスタにしっかりと味が絡んでベストですっ!
ケチャップとS&Bさんのキッチンガーリックが絶妙にマッチします。

暑い夏、サッパリしたものばかりを食べていると、たまには、濃い味の料理が食べたくなりますよね?そんな時に、美味しいナポリタンで元気をチャージしていただければ嬉しいです。

今回は、新しい味の中に、どこか懐かしさを感じる、ケチャップだけでは出せない味、美味しいナポリタンのレシピを紹介させていただきました。自信ありっ!の一品です。
ぜひぜひ、一度、試してみて下さい。

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました