ちょっと小腹がすいた時、おつまみ・夜食にもなる一味違う、フライパンで味噌焼きおにぎり!

おつまみにもなるもう1品

こんにちは!40代後半・主婦のみかです。

うだるような暑さです。熱中症警戒アラートが発表されました。
夜更かしをしていると、ちょっと小腹が減ったなぁ・・・とか、
おつまみを、作りおきしておきたいなぁ・・・という時に、「味噌焼きおにぎり」はどうですか?

ほんのり甘い、でも、どんよりしていない、キリッとした美味しい「味噌焼きおにぎり!」
フライパンでササッと作れて、簡単で美味しいです。
子供さんのおやつにもイイですよ。

調味料の分量、七味唐辛子を入れるところが決め手です!
今回は、一味ちがう美味しい、味噌焼きおにぎりのレシピを紹介します!
食欲がないけど、お腹はすく・・・そんな時に、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

材料(おにぎり6個分)

  1. ご飯・・・おにぎり6個分
  2. 味噌・・・130g
  3. 上白糖・・・大さじ5(45g)
  4. お湯・・・小さじ1
  5. めんつゆ(3倍濃縮)・・・小さじ1/2
    (小さじ1/2は2.5mlです)

    お味噌はマルコメさんの[贅沢に糀を使った甘みと深い旨みの生みそ 糀美人]、めんつゆはミツカンさんの、追いがつおつゆの素(3倍濃縮)を使用しています。

  6. 七味唐辛子・・・少々
  7. 大葉、いりごま(白)・・・お好みで良いです
スポンサーリンク

作り方(調理)

いつもなら、材料の切り方・・・があるのですが、今回は、切るものがありません。
なので、一気に調理にいきます。

① 材料1のご飯で、6個の白米のおにぎりを握っておきます。
② 材料2,3,4,5,の味噌、上白糖、お湯、めんつゆを器に入れ混ぜます。
③ 材料6の七味唐辛子を②に、少々入れます。味噌タレの完成です。

上白糖をこの量、思い切って入れることと、七味唐辛子を入れるというところが最大のポイントです!

④ ①で握った白米のおにぎりに、③でできた味噌タレを、片面だけにぬります。側面にはぬりません。側面までぬると、出来上がりの味が濃すぎるので・・・
⑤ いよいよ、フライパンで焼きます。フライパンに油をひいて、中火で味噌タレがついてある方を焼きます。この間、味噌タレがついていない面に、味噌タレをぬります。焼いている方の面がいい感じに焼けたら、ひっくり返して、もう片面を焼きます。
⑥ 焼きあがったら、お皿に盛って、お好みで材料7の、大葉をのせるか、いりごまをかけて・・・出来上がりです!!

味噌焼きおにぎりをフライパンで焼く時、崩れずに焼けるかが心配になりますよね。クッキングペーパーを利用するのも良いかもしれません。私はクッキングペーパーを利用せず、フライ返し2本使います。白米のおにぎりをしっかりと握り、冷ましておくと良いです。更に、一度、白米のおにぎりを軽く焼いておいてから、味噌タレをつけて焼くと崩れずに焼けると思います。味噌焼きおにぎりは何度もひっくり返さずに、1度で仕上げたいです。タイミングも重要です!

まとめ

いかがだったでしょうか?
上白糖の量、多すぎじゃない?と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。
いえいえ、この分量がしっかり美味しい秘訣の一つです。
更に、七味唐辛子?!と思われるでしょう。
これも、一味ちがう美味しい味噌焼きおにぎりになる、もう一つの秘訣です。
七味唐辛子が入るのと入らないのでは大違いです。
お湯とめんつゆで、しょっぱさと味を整えているので、ちょうど良い濃さに仕上がります。
お味噌だけの焼きおにぎりも確かに美味しいです。
でも、一度、この甘辛の味噌焼きおにぎりも試してみていただきたいです。
クセになる美味しさですよ。たまに、売っている味噌おにぎりを買って食べてみるのですが、やっぱり、我が家の味噌焼きおにぎりが、一番美味しいなぁ・・・と思ってしまいます。
このレシピは、祖母の秘伝の味噌タレの焼きおにぎりです。
んっ?!いつもと違うなぁ・・・これも美味しいっ!と思っていただけると思います。

少し、お腹しがすいた時やおやつに。
昼のうちに作りおき、夜食や、おつまみにと、一役買うレシピです。
ぜひ一度、作って食べてみて下さいっ!

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました