松ケン行きつけ「鰻はし本」メニューと場所2/16火曜サプライズ

グルメ

こんにちは、だれもんジャーです。

2月16日(火)19:00~19:56日本テレビ放送「火曜サプライズ」で紹介された、松山ケンイチさん秘蔵の行きつけ店は、ミシュランガイド掲載の老舗鰻店老舗の鰻店。
その名は、「鰻はし本」さんです!

早速、「鰻はし本」さんのメニューと値段、場所、出前、お持ち帰りについてまとめてみました。
持ち帰りOK!出前もしてくれるのは嬉しいですね。
そして、心遣いの細やかなお店です。

スポンサーリンク

場所と営業日時

<住所>
〒112-0005
東京都文京区水道2-5-7

<アクセス>
江戸川橋駅より徒歩3分。
4番出口を右折し石切橋交差点(ローソン)を石切橋方向へ。
橋を渡り川沿いの2軒目。

<TEL/FAX>
03-3811-4850
<営業時間>
11:30~14:00
16:30~20:00
当面、夜のラストオーダーの時間は下記の通り
★アルコール 19:00まで
★お食事   19:15まで尚、閉店時間は20:00を厳守
(緊急事態宣言によるものだと思われます。)
<定休日>
・月1回水曜日(お電話で確認下さい)
・ 木曜日
*2月16日(火)、17日(水)、18日(木)は連休。
詳しくは下記のサイトでご確認下さい!
「うなぎ はし本」公式サイト
スポンサーリンク

メニューと値段


・鰻重(特上) ¥4700
・鰻重(上) ¥4000
・鰻重(並) ¥3300


・親子重 ¥1350


・玉子焼(2人前より) ¥710


・う巻(2人前より) ¥1730


・焼鳥 ¥710
・肝焼き ¥560・
・向骨 ¥250
・鰻短串 ¥710
・ひれ ¥250

因みに、松山ケンイチさんは、鰻重(上)がお好きなそうです。
しつこくないけど、ふわっと美味しい、良い意味で、食べてるけど食べてないような感じ・・・。
という口コミがあります。
この表現で味が、わかるような気がします。

出前(配達)

<配達エリア>
【文京区】
水道、小日向、関口、春日、音羽、目白台、大塚、小石川、後楽
【新宿区】
水道町、東五軒町、西五軒町、新小川町、山吹町、早稲田鶴巻町、改代町、矢来町、赤城下町、赤城元町、神楽坂、白銀町、北町、中町、南町など
*配達エリア外でも注文内容によっては、隣接するエリアであれば配達可能な場合もあるそうです。

<注文方法>
まずは、お電話を!
注文が入ってから、さばき、じっくりと蒸し、丁寧に焼き上げるそうです。
電話注文のみです。
TEL:03-3811-4850

<配達メニュー>
・鰻重(特上) ¥4500
・鰻重(上) ¥3800
・鰻重(並) ¥3100
・親子重 ¥1300
・肝吸い ¥300

<注意事項>
・一回のご注文は、合計2,000円以上でお願い致します。
・最後の出前のご注文は19:30迄です。
・月1回水曜、木曜日は定休日のため、出前もお休みさせていただきます。
・ご注文からお届けまで60分前後かかります。余裕を持ってご注文ください。
出前については現金のみとさせていただきます。

お持ち帰り

店頭受け渡しとなるお持ち帰りも対応しています。
お食事の最中にお申し付けいただくか、事前にお電話にて希望日時を指定の上でご予約くださいとのこと。
ただし、店内にて直接、申し付ける際は、少々準備にお時間がかかるそうなので、早めにご注文を!

<お持ち帰りメニュー>
・鰻重(特上) ¥4500
・鰻重(上) ¥3800
・鰻重(並) ¥3100
・親子重 ¥1300
・肝吸い ¥300
*箱代¥100(税込)別途かかります。

まとめ

とにかく、凄い歴史の「鰻はし本」さん。
なんと、1835年(天保6年)に創業!
しかも、接待や法要にも対応してくれます。
味も勿論のこと、空間にもこだわりがあります。

お近くの方は、事前に注文されてテイクアウトも良し、配達をお願いするも良しですね!
コロナ禍ではありますが、ぜひ、この機会に、自宅で「鰻はし本」さんの鰻重に舌鼓を打つひと時を!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました