木星土星最接近2020グレートコンジャクションの時間 肉眼でも

タイムリーな情報

こんにちは、だれもんジャーです。

2020年12月21日(月)の日の入り後、約400年ぶりに、「グレートコンジャクション」を見ることができる。
「グレートコンジャクション」って、何?
惑星である、木星と土星が最接近することなのだろう・・・。
の程度の憶測だった私は、詳しく調べてみることにした。

更に、この神秘的な現象である、見逃してはならない天文ショーの時間や、方角も調べてみた。
肉眼でも見られるというので、このチャンスを逃す手はない。

私と同じようにお考えの方も多いと思うので、参考になれば幸いです。
天文観測のマニアには、待ちに待った感動の一日になるだろう。

少しだけ、現実を忘れ、宇宙の神秘に心を奪われたい、と思うのは私だけだろうか。

スポンサーリンク

見れる時間・方角

木星と土星の最接近。
木星と土星は、20年に一度の周期で接近するが、ここまでの最接近は、1623年、約400年ぶりだそうだ。
だが、1623年は日没直後のため、肉眼では見られなかった。

今回は、1226年以来、なんと800年ぶりに肉眼で観測できる希少な日である。
この現象、次は、約60年後になるそうだが、観測できる可能性があるかないか・・・。
しかも、今回程の最接近ではなさそうだ。

<時間>

最接近は、12月22日(火)の3時。
ただ、日本では、地平線で隠れて見られないそうだ。

日本で、見られる時間は、
12月21日(月)の日の入り1時間後・・・
21日の日の入りは、16:30頃のようです。

木星と土星は、12月は2~3時間で沈んでしまう。
下旬は2時間で沈んでしまいます。

ベストタイムは、17:30~18:30ということになります。

注意するべきは観測場所です。
日の入り1時間後には、かなり低い位置(角度15°)で見えるため、
見晴らしの良い場所からの観測をオススメします!
ただ、低空を探してくださいね。

ベランダなどからの観測は、やはり、見晴らしによるのですが、日の入り1時間後は、前述したように、15°の低空に見えるため、確実な方法ではありません。
が、日の入りの16:30頃から探してみれば、見られる可能性はあると思われる。

<方角>

方角は、ズバリ、南西
視界の開けた、先程も言いましたが、見晴らしの良い場所がオススメです。

薄暗くなってきた頃がチャンスです。
望遠鏡があれば、尚良し!
なければ、双眼鏡でも、小さいながらも、肉眼でも見られます。

要は、見晴らしの良い場所で、17:30~18:30に南西の低空を探し、望遠鏡で観測するのが、一番ベスト!
あらかじめ、観測場所を探しておくことをオススメします。

因みに、明るい方が木星だそう。

スポンサーリンク

グレートコンジャクションとは?

私は、初めて耳にした言葉でした。

憶測通り、20年に一度、木星と土星が近づく現象のことを西洋占星術の用語で「グレートコンジャクション」と呼ぶそうだ。

時代の節目と言われ、過去約200年間は「地の時代」、今年からは「風の時代」と言われる。
今年は、「風の時代」への200年に一度の転換点。
トリプルコンジャクションでもあるようだ。

内容としては、色々な理解があるため一概には言えませんが、とにかく特別な転換期のようです。
時代、社会、仕事、精神的なもの・・・

「地の時代」は、生産(物)の時代。
「風の時代」は、共有(つながり)の時代。

と、言われている方が多い。
まとめ方が、アバウトではありますが・・・

物やお金、土地の生産、所有の時代から、精神的なもの(スピリチュアル)なこと、情報、目に見えないもののつながりや共有に時代へのパラダイムシフトのようです。

沢山の占星術師の方の記事を拝見させていただきました。
少し、興味が湧いてきました。

まとめ

とにもかくにも、希少な現象であり、神秘的です。
これは、是が非でも観測したいと思います。

今年2020年の「グレートコンジャクション」は、観測的にも、占星術的にも特別な日であり、見るべき天文ショーだと分かりました。

確かに、これからは、物の時代ではなく、精神的な時代で、共有の時代だと聞きます。
お金や物ではなく、誰もが助け合える時代になることを願っています。

この記事を書く前とは、少し違った思いで「グレートコンジャクション」を観測できそうです。
皆さんも、同じ気持ちであれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました